【クリエイター向け】作業中にもできる肩回りの筋トレ3選

【クリエイター向け】作業中にもできる肩回りの筋トレ3選

こんな方にお勧めの記事です

肩のストレッチとかもみほぐしとかやったけど、まだ肩が痛い..


こんな方向けの記事です。

「肩凝り改善って、ストレッチとかマッサージとかのイメージがあるけどなんで筋トレ?」

と不思議に思った方にもおすすめですよ。

クリエイターにクリティカルヒットダメージを与えてくる筋肉痛を、特定の部位の筋トレで減少させる方法をお伝えする記事です。

結論:この3つの筋トレを続ければ、肩凝りとは永遠におさらばです。

この筋トレを毎日3回はするように習慣づけると、肩こりと首コリは永久に解消されます。

  1. シュラッグ(腕を回す筋トレ)

  2. アームリフト(腕を縦に上げ下げする筋トレ)

  3. レイズ(腕を真横に上げ下げする筋トレ)

シュラッグのやり方

立った状態で行う筋トレです。

手順はこんな感じです

  1. 重りを二つ用意して、両手でつかむ(ぶら下げる感じで持つ)

  2. 重りをできるだけ高く持ち上げながら、肩をゆっくりと回す

  3. これを10回繰り返す(これを一日に3セットやる)

肩こりが一気に吹き飛ぶので、ぜひやってみてください。

アームリフトのやり方

椅子に座りながらでもできるトレーニングです。
手順は以下の通りです。

  1. 背筋をぴんと伸ばして、左右の肘を胸の前で合わせ、両手のひらも合わせる。

  2. 手のひらを合わせたまま、両ヒジも合わせたままゆっくりと腕を引き上げる。このとき肘ができるだけ離れないように意識するといい。

  3. 限界まで腕を高く上げたら、ゆっくりと元の状態に下げます。両手をしっかりとくっつけて、時間をかけてゆっくり上げ下げするのがコツだ。

  4. これを5~10回繰り返す(これを一日に3セットやる)

椅子に座りながらでもできるお手軽エクササイズなので、とてもおススメです。

リアレイズのやり方

  1. 椅子に浅く座り、背骨をまっすぐにするイメージで上半身を前へ倒す。

  2. その状態で両手を肩の幅に広げて肘を軽く曲げる。

  3. 腕を、体がTの字になるまで大きく広げて上げ、2の位置まで戻す。この動作を10回繰り返す(これを一日に3セットやる)

慣れてきたら、ペットボトルとかの重しを持ちながらやりたいトレーニングです。

肩こり解消には、筋トレが一番効果あり!

肩凝り解消には、いろんな方法がありますが、なぜ私は筋トレをおススメするのか。

理由は簡単、「肩の痛みを取るだけでなく、他にもたくさんの恩恵がある」からです。

肩の筋トレは、痛みを取る以外にも、こんなメリットがあります。

  1. 肩と首の筋力が上がるので、そもそも肩凝りしにくい体になる

  2. 筋肉は、ついてるだけでエネルギーをたくさん消費してくれるので、太りにくい体が作れる

  3. 免疫力が増加する

メリット1:肩凝りが起きにくい体になる

ストレッチとか肩もみとかも、もちろん肩の痛みを取ってくれます。

ですが、これって少しの間しか痛みは飛んで行ってくれないんですよね。

その反面、筋トレは毎日続けるものなので、肩凝りや首コリと永久的にサヨナラできます。

さらに、この筋トレは肩の痛みの原因である、僧帽筋といわれる部位の筋肉量を増加させてくれるのでそもそも肩が凝りにくい体を作ることもできます。

解説:僧帽筋を鍛えると、肩と首の血流がよくなり、長期的に肩や首を痛めにくい体を作ることができる。

メリット2:太りにくい体が作れる

筋肉って、維持するだけで結構なエネルギーが必要になるんです。

なので、「筋肉」という固定資産を持っておくだけで、太りにくい体を作ることができます。これも、肩のもみほぐしとか、ストレッチとかにはないメリットです。

メリット3:免疫が上がる

筋肉は、体温を上げてくれるので、それによって免疫力かなり上げることが期待できます。

免疫は、長時間作業をする現代人には欠かせないものだと思うので、肩凝り改善だけでなく、免疫アップもできちゃう筋トレは素晴らしいと思います。




以上のことから、筋トレは肩凝りの長期的な改善だけでなく、他にもいろんな良いことが起きるため、一番のソリューションだと私は思っています。

てことで、早速今日紹介した筋トレやりましょう。

と言いたいところですが、筋トレは続けないと意味がありません。

なので、次の見出しでは継続のやり方を教えます。

どうやって続ける?

今回ご紹介した筋トレも、毎日続けていないと肩こりは舞い戻ってきます。

つまり、継続する必要があるのです。

ですが、筋トレに限らず「続けるのが大変」と考えている人が非常に多いです。

確かにやったことのない何かを続けるのは大変です。

朝の歯磨きくらいまで習慣づけば楽なんですけど、そこまでは自分の意志で続ける必要があります。

「こんなにきついトレーニングを毎日続けるのか、先が長いな…」

と考えてしまうのも無理はありません。

ですが、先さえ見なければ、筋トレ続けるのは楽勝です。

「よし、今日はこのトレーニングだけのことを考えよう!」

こんな感じで、継続しようとせずに、その時その時を楽しんでいけば、筋トレも楽勝で続けることができます。

あとは、習慣づくのを待つだけでいいのです。
先を見ないようにしながら活動するのは、筋トレに限らず、いろんな分野で使える思考パターンです。

この思考パターンを身に着ければ、どんなことでも無意識のうちに継続できる精神が作れるので、ぜひ身につけましょう。

まとめ

本日のまとめはこちらになります

  • 肩こりを解消するには、筋トレが一番効果が高い。

  • シュラッグ、アームリフト、リアレイズを毎日3セットはやろう

  • 今日紹介した筋トレが習慣づくまでは、先を見ないようにしてトレーニングすれば自然と続けられる

さあ、あなたも、肩回りの筋トレをして、筋肉痛とおさらばしましょう!

この記事も参考にどうぞ。今回の記事は、こちらの記事を参考に作らせていただきました。